FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2007.11.03 (Sat)

グラフィックソフトウェアとゲームをインストール

ひさびさにZAURUSをいじってみました。

インストールしたのは次の3つ

・パックマン
・倉庫番
・Clover Paint

上の二つはゲームで、最後のやつはグラフィックソフトウェアです。
まぁ、ウィンドウズでいう「ペイント」みたいな画像描画ツールですね。
まず、ゲームからインストール。
ちなみに、どれもSL-C1000にインストールしました。
SDカードへのインストールで問題なく動作します。



・パックマンのインストール
あの黄色いやつが動く古いゲームですね。
LINUXのスクリーンセーバーにもあったりします。
ipkgが配布されていたのでダウンロードしてきて、普通にインストールします。

http://opie.handhelds.org/feed/unsupported/sharprom/stable/

から次の二つのファイルをダウンロードしてインストールする必要があります。

   ・libopie1_1.0.3_arm.ipk
   ・opie-kpacman_0.3.1_arm.ipk

わからないなら参考HPを見るといいかもしれません。



・倉庫番のインストール
古くからあるパズルゲームです。
こちらは1つのipkgを入れるだけで済みます。
ねこまっしぐらというサイトから、次のファイルをダウンロード、インストールして終了です。

   sokoban_1.3.1-sl700-2_arm.ipk

・操作方法
カーソルキー:上下左右移動
Shift + カーソルキー:何かにぶつかって移動できなくなるまで,押した方向に移動
BackSpace:一つ前の状態に戻る




・Clover Paint
非常に高機能なペイントツールです。
アンドゥが1回分しか保存されていないのが不便に感じますが、ペンのタイプもいろいろあったり、画像の合成もできたりするのでかなり便利です。
あと、メニューバーも欲しいかな~と思います。
まぁ、描画エリアの大きさを保持するのには仕方ないのかな・・・。
このソフトは縦長の状態でないと動作しません。
しかし、こんな高機能なソフトがZAURUSにあったとは。

prismatic paintというサイトから、次のipkファイルをインストールします。

   ・cloverpaint_1.05_arm.ipk

これで終了。

テーマ : モバイル ジャンル : コンピュータ

06:42  |  Zaurus  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.28 (Sat)

環境整備その2

前回の続き。


・zsh
オリジナルの状態のbashだと、サスペンドした時におかしくなることがあるらしい。そこでzshというのをインストール。

この本の著者のサイトWalrus,Visitから、

・zsh
・libncurses5

をダウンロード。
ipkgなので、普通にインストール。
その後、起動するシェルを変更するため、

/home/QtPalmtop/qpe.sh

を書き換える。何かあるとまずいので、

$cp -p qpe.sh qpe.sh.bk

としてバックアップを用意。
ちなみに、「-p」をつけるとパーミッションとか作成日時などもコピーされる。
で、中身を書き換える。次の行を

export SHELL=/bin/bash
   ↓
export SHELL=/home/QtPalmtop/bin/zsh

に書き換える。一応、export SHELL=/bin/bash は消さずに、先頭に「#」を付けてコメント化しておいた。

$sudo reboot

で再起動。
動いたっぽいです ヾ(´ー` )ノ



・KeyHelperApplet
タスクセレクタ兼キーマッピングソフトです。
今回変えようと思うキーマップは、

・「{」と「}」を「Shift + o」と「Shift + p」で打てるようにする
・「Fn + Menuキー」でタスク切り替え
・「Fn + Homeキー」でタスクセレクタ起動
・「カナひらキー」⇒「Alt」

といった感じ。
「カナひら」は使った記憶無い。てか、「全/半」と間違えて打った記憶しかない・・・ (´・ω・`)

では、KeyHelperAppetをダウンロード。
LinuZau ToolBoxというサイトのこのページからダウンロード。
このとき、

・keyhelper.conf
・keyhepler.xml

の二つの設定ファイルもダウンロードしておく。
本体は普通にインストールし、上の二つのファイルは

/home/zaurus/Settings/

に入れる。
このままの設定ファイルだと、「カナひら」は「Ctrl」となっている(古いZaurusにはCtrlが無いのかな?)ので、4行目あたりにある次の行を

<define key="F26" type="Control">
  ↓
<define key="F26" type="Alt">

と変更する。変更したら、

$khctl reload

と打って、ソフトを再起動する。
ちゃんと動きました ヽ(´▽`)ノ



しっかし、今日は暑いな~ (-Д-)

テーマ : 雑記 ジャンル : ブログ

16:47  |  Zaurus  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.27 (Fri)

Zaurus SL-C1000 環境整備

昨日は「ハッキングLinuxザウルス」という本に沿ってザウルスにいろいろなソフト入れてた
今日はその事について書いてみる


・ターミナルソフト
SL-C1000は買ったときに付いてくるターミナルソフトでは日本語入力ができない。そこで、この本に紹介されていた
「qpe-embeddedkonsole-ja ワイド版」
をインストール。
まず、いとしのlizaというHPから.ipkファイルをダウンロードし、普通にインストール。

けど、なんか上手く動かなかったorz

日本語入力はできないし、文字は小さいし。
Linuxとか詳しくないからいじれない...
しょうがないので放置します。


・ファイラ
りなざうテクノウというサイトのこのページから.ipkファイルを落として入れた。
$ fd
で起動できる。また、「Shift+e」で設定画面へ移行する。
こっちはちゃんと動いた( ^▽^)

☆FDcloneの基本操作
Space : 選択/未選択の切り替え
m : ファイルを移動
c :      コピー
r :      名前変更
p :      圧縮
e :      編集
u :      展開
x :      実行
f :      検索
s :      ソート
d :      削除
D : ディレクトリの削除
Ctrl+g : 操作のキャンセル
\ : ルートディレクトリへ移動


・sudoコマンド
SL-C1000の場合、初期の状態では、よく使うsudoコマンドが使えない
そこで、この本の作者のサイトWalrus,Visitココに置いてあるファイルを落としてインストールした。
動いた ヽ(´ー`)ノ



今日はここまで。次は
・タスクセレクタ/キーマッピングの両機能を持つソフト
・zsh
について書こうと思う。

てか勝手にリンク貼って良かったのだろうか・・・ (´゚Д゚`)

テーマ : 雑記 ジャンル : ブログ

14:51  |  Zaurus  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.26 (Thu)

ZAURUSいじり

20070726234514
初めて携帯から書きます



最近触ってなかったザウルスを触ってみた
買ったものの、全然いじってなかったから、夏休みを利用して少しいじってみることにする

ザウルスっていうのは、シャープが出していたPDAの種類。持ってるのはSL-C1000ていうタイプのやつ。

とりあえず、前に買った「ハッキングLINUXザウルス」って本を一通り読んでみようと思う


今日はとりあえず環境整備で終わり。
23:43  |  Zaurus  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |