2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.10 (Mon)

【スマートウォッチ】 普通の時計にしか見えない Smart Watch が発売 【ウェアラブルデバイス】

◆アナログ時計のスマートウォッチが予約開始
スイスで有名なものの一つは時計ですが、その中にMondine(モンディーン)という有名なブランドがあります。
このブランドから、現在数量限定のスマートウォッチ「Mondaine Helvetica 1 Smart Watch」が9月に発売されます。
既に予約可能となっており、予約期間中は1万円程度安く買えます。

150302modaine1




【More・・・】



◆最近のスマートウォッチ
最近はスマートデバイスが増えてきており、特に健康管理系の物が色々と発売されてきています。
腕につけて歩数や睡眠状態、心拍など、活動量を計測できるスマートデバイスで、スマホと連携してデータを確認するというものが多いです。
圧倒的にiPhoneやAndroidを使用している人が増えている現在だからこそ売り出せるシステムですね。

そんな中、スマートウォッチが出はじめた現在、液晶で確認できるようにしてしまおうというものが増えています。
スマートウォッチの代表例であるApple Watchもそうですが、スマートウォッチというと基本的には液晶ディスプレイのデジタルな腕時計が基本なんですよね。
スマートフォンの延長なコンセプト。
ですが、所詮腕時計の小さい画面なので、見づらいし操作もしにくいしで、そんなところで無理して確認しなくても良いと思うのです。
時間だけでなく、様々な情報を時計で確認できるようにと液晶ディスプレイにしているんでしょうけど、
  「どちらかというと”スマートデバイス”としての機能はおまけでよく、あくまで腕時計がメインであってほしい」
  「時計はやっぱりアナログが良い」
という方もいると思います。
というか、私がそういうタイプです。
時計ベースで、活動量計測機能が付いた。それだけでいいじゃないですか。

そんなことを思っている中で見つけたのが、このMondaine Helvetica 1 Smart Watchです。



◆デジタル時計ではないアナログ時計のスマートウォッチ
    Mondaine Helvetica 1 Smart Watch

このスマートウォッチは外見からはただのアナログ腕時計にしか見えません。
iPhoneやAndroidのスマートフォンと連携してデータを管理し、情報を確認するシステムになっているのです。

今まで培った信頼性とブランド力、そこに最新の動向であるスマートデバイスを加味したこの製品は、スマートフォンの延長ではなく、時計の延長で健康管理ができるような機能を付加したものになっています。
"スマートウォッチ"とうたいつつ、時計はおまけでむしろスマートフォンに近いものが多い現在、あえて今までのアナログ時計の拡張なコンセプトのこの時計は私は好きです。
Apple Watchは正直あまり欲しくはなかったのですが、こちらは欲しいと思いました。



◆連続利用可能な時間について
そんな中、1点気になるところが。
それは電池(バッテリー)です。

最近の健康管理系のスマートデバイスで重要なポイントの1つは持続時間です。
毎日のように充電させられるのは面倒で、できるならば長い事充電せずに利用したい。
ですが、どうしてもスマートフォンの延長的な立ち位置である今までのスマートデバイスやスマートウォッチは、10日ごとの充電が必要だったり、スマートウォッチのApple Watchはもって3日程度です。
これって結構煩わしいところがあります。
一般社会人の生活サイクルや、平時忙しくて充電してられない・忘れてしまった、などということを考えると7日~10日程度は持ってほしいところです。

ではこちらの Mondaine Helvetica 1 Smart Watch はどうなのか。
Wiredの情報を参考にすると充電できそうですが、充電できません。
2年単位でメーカーのサービスセンターで電池交換になります。



◆充電に関する情報確認
日本語の公式サイトPDFでは

バッテリー持続年数2年以上


との記載があります。
USの公式サイトでも

boasting a 2+ year battery life.


との記載が。
そして、

「2年もつとして、じゃあ2年後に電池切れそうになったら充電できるの?」


というのが私の疑問でした。
長く使いたいと思って購入を検討している現在、そこは死活問題です。

Wiredの日本語サイトには

さらに、充電は2年に一度でいいというのも便利だ。

と書いてあります。

日本語記事の元になったWiredのUSサイトには

Added bonus: The company claims you need only charge it just every two years.

とあります。

Wiredでは「充電」や「recharge」という単語があるので、Apple Watchやスマホのように充電できるのかと思えますが、実はそうではありませんでした。
USのサポート、「Mondaine USA Support」へ問い合わせたところ下記の回答が(抜粋)。

The watch battery is not rechargeable, so you would need to replace it completely like any other watch battery.


サポート担当者さんからの回答は、

「充電できません。他の時計と同様、電池は交換するタイプです。サービスセンターへ持っていく必要があります。」

とのこと。


メーカーサイトにはどこにも充電と書いてないので不思議に思いましたが、やはり情報サイトは情報サイトですね。
細かい点の情報の正確さには注意したいところです。



◆参考リンク

●公式サイト(US):Mondaine Helvetica 1 Smart Watch

●公式サイト(日本):モンディーンが初めての「スイス製スマートウォッチ」 Helvetica No 1 Smartwatch を発表(PDF)

●gizmodo:流石スイス。スマートウォッチでも時計の本質を忘れない!

●Wired(日本):Helveticaスマートウォッチが「1,957本限定」なわけ



テーマ : スマートウォッチ ジャンル : 携帯電話・PHS

14:01  |  ガジェット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gasser.blog114.fc2.com/tb.php/612-e1772254

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。