2017年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2016.12.10 (Sat)

映画に関連のある"the pillows"の曲

the pillowsはかなり好きなバンドの1つですが、かなり多くの曲を作っています。
その中でも、幾つか映画に関連して作成された曲があるのでメモがてらに紹介。



【More・・・】


ネット上がソースなので間違ってたらごめんなさい。ついでに教えてくれると助かります。
というかチラホラ怪しいのがまぎれています。
白丸"○"が未チェックのもので、基本的に「関係していそう」のところに分類、見たら適宜更新という形をとっています。


ちなみに、以前映画に関連した曲でこんな記事も書きました。





【書式】:
● 「曲名」 / 「関連映画タイトル」
  「映画概要」
  「コメント」



【まず間違いなく関連している】

●サリバンになりたい / 汚れた顔の天使、ブリキの太鼓、モンパルナスの灯
 汚れた顔の天使:1938年にアメリカで製作されたギャング映画。
 ブリキの太鼓:1979年に製作された映画。精神病院の半生にまつわる内容。
 モンパルナスの灯:1958年のフランス映画。
 映画の主人公サリバンに関連して作られた曲。「ブリキの太鼓」、「モンパルナスの灯」は歌詞に出てきている。

●Mallory / ナチュラル・ボーン・キラーズ
1994年製作のアメリカ映画。バイオレンス映画。ヒロインの名前が"Mallory"である。

●Finger post of magic / ガタカ
 1997年のアメリカのSF映画。主人公の名前が歌詞に出てきたりと関連性がある。

●Funny Bunny / パルプ・フィクション
 1994年のアメリカ映画。レストランで強盗をしようとした2人組のうちの女性のニックネームが「HoneyBunny」であり、さわおが好きな登場人物だったため、タイトルのFunny Bunnyはそれを文字ったといわれている。ビバーク発売当初の本人DJのラジオ番組で語ったと言われている。

●That's a wonderful world(song for Hermit) / アマデウス
 1984年に制作された映画。ブロードウェイの舞台『アマデウス』の映画化である。
 この映画はその才能を認めつつも嫉妬するサリエリが謙虚さを知らないモーツァルトを落としいれる映画。
 思いっきり登場人物などが出てくるため明らかにこの曲と関連はあるが、完全のこの映画を歌ったというものではないと思う。

○巴里の女性マリー / 巴里の女性
 アメリカが製作した1923年公開の長編サイレント映画。
 主人公がそのままマリーという女性。

○スケアクロウ / スケアクロウ
 1973年公開のアメリカ映画。正反対の人格を有する二人の男が次第に友情を深めていく過程を描いたロードムービー。

●ペーパームーンにこしかけて / ペーパームーン
 1973年制作のアメリカ映画。聖書を売りつける詐欺師の男と、母親を交通事故で亡くした9歳の少女との、互いの絆を深めていく物語を描いたロード・ムービー。
 歌詞を見ると思いっきりこの映画の内容を示していると思われる。映画も非常に良いものなので、機会があれば是非ごらんあれ。

●バビロン天使の詩 / ベルリン・天使の詩
 1987年公開のフランス、西ドイツ合作映画。
 POISON ROCK 'N' ROLLでさわおが元ネタについてコメントしていたらしい。
 ただ、さわお本人はこの映画を最後まで見たことはないとのこと。
 詳しくはコチラ

○calvero / ライムライト
 1952年製作、チャールズ・チャップリンのアメリカ映画。映画の登場人物満載。曲の冒頭は映画と同じ。

●メロディー / LOST
 連続ドラマ。
 「ノーマン・クラウチャー」の単語に関連性有り。
 もともとは「インディアンに会いに行く」の歌詞だったが規定にひっかかったため変更されたとのこと。
 でも文字数とメロディー合わなくないか?とか思ったり。
 情報源はYahoo知恵袋
 

さわおさんがインタビューで答えていましたが
アメリカのドラマ「LOST」の会話中だけに登場した義足でエベレストを制した
人物だそうですが実在はしないそうです
ちなみに本当は♪インディアンに会いに行くよ♪という歌詞だったんですが
規制がかかってしまいノーマン・クラウチャーに変更したそうです
参考にしてもらえたら光栄です



●Once upon a time in the pillows(アルバム名) / ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
 1984年製作のアメリカ・イタリア合作のギャング映画。
 文字ったものというのは明らか。

●Rock stock&too smoking the pillows(アルバム名) / ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
 1998年のイギリス映画。クライム・ムービー。タイトルの文字り。

●Fool on the planet / ミザリー
 1990年制作のアメリカ映画。作家が雪山で事故を起こすが、彼のファンを名乗る看護師の女性に助けられる。彼の怪我は酷く、豪雪で電話も通じなくなったとのことで彼女の家で看護を受けることになるが・・・。歌詞に「ミザリー」という人名が出てくる点は関連がある。関連性は置いておいて、曲も映画も良い。

●Juliet / レオン
 1994年製作のフランス・アメリカ合作映画。
 主人公の名前などに関連がある。

●YOUR ORDER / 未来世紀ブラジル
 イギリスで製作された、1985年公開のSF映画。
 2010年のインタビューで、
 

山中:映画は、あれみたいですね。あのテリー・ギリアムの新作の『Dr.パルナサスの鏡』。
クリス:ヒース・レジャーの遺作ですよね。
山中:ですよね。僕、テリー・ギリアムが大好きで、未来世紀ブラジルから、12モンキーズから、フィッシャーキングもそうでしたっけ?
クリス:そうですね。テリー・ギリアムは面白いですよね。
山中:出てくる小物や衣装も近未来的だったり独特で、ミュージックビデオに真似して使いたくなるアイデアが満載ですね。


 と言っており、「未来世紀」という単語が歌詞に出てきたり、PVが独特のあるものに仕上がっている点や、羽のある気球に乗っている点も、多少は繋がりを感じさせる。だが、歌詞自体はあまり関連性が見いだせない。

●Skinny Blues / 失われた週末
 1945年のアメリカ合衆国の映画。パラマウント映画作品。
 「失われた週末」単語が直接存在していたり、悪酔いとか女性のことも出てくる点を考えると、映画と曲が関係していることは間違いなし。
 「暗闇で目が覚めても」といった部分は、映画の中で出てくるアルコール中毒の人はある程度進行が進むと幻覚をみるということをさしてたりするのかな、などと連想できなくはない。

●ビスケットハンマー / 独裁者
 1940年のチャーリー・チャップリンのアメリカ映画。"The Great Dictator"という英題であり、題名がそのまま歌詞に出てきている。

●雨に歌えば / 雨に唄えば
 アメリカで製作された、1952年公開のミュージカル映画。




【関係していそう】

○ウィノナ / ボーイズ
 元ネタ映画見つからず。
 映画に出てくるウィノナ・ライダーをモチーフにしたといわれる曲

○パトリシア / 勝手にしやがれ
 1959年製作のフランスの映画。

○Smile / モダン・タイムス
 1936年のアメリカが製作したチャップリンの喜劇映画。

●プロポーズ / パルプ・フィクション
 1994年のアメリカ映画。「アフロの神父」という点は映画の登場人物に近いものがあるが、その他類似点が見当たらないため関連性は薄いと思われる。

○Last Holiday / ラスト・ホリデイ
 2006年にアメリカで製作されたコメディ・ドラマ映画。

○Split emotion / ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
 1984年製作のアメリカ・イタリア合作のギャング映画。

○EMERALD CITY / オズの魔法使い
 1939年に公開されたアメリカ合衆国のファンタジー・ミュージカル映画。

○モノクロームラバーズ / 勝手にしやがれ、黄金狂時代、カサブランカ、情婦、ハスラー、アパートの鍵貸します
 MICHAEL & PATRICIA・・・『勝手にしやがれ』(1959仏)に出てくる恋人達。以下同じ
 CHARLIE & GEORGIA・・・『黄金狂時代』(1925米)
 RICK & IRUSA・・・『カサブランカ』(1942米)
 LEONARD & CHRISTINE・・・『情婦』(1958米)
 EDDY & SARAH・・・『ハスラー』(1961米)
 BUDDY BOY & FRAN・・・『アパートの鍵貸します』(1960米)

○Black Sheep / モダンタイムス
 1936年のアメリカ映画、モンダンタイムスの冒頭にて、白い羊の群れの中に1頭だけ黒い羊が紛れている。このシーンからイメージされたとWeb上の情報があり。

○NO SELF CONTROL / キートンの結婚狂
 1929年のアメリカ映画。カフェの名前に「カフェ・ボエール」があるとのこと。

○Sick Vibration / さらば青春の光
 1979年のイギリス映画。主人公の名前がジミー・クーパーであり、

○YOUNGSTER(Kent Arrow) / さらば青春の光
 『さらば青春の光』(1979英)ラストシーンで主人公がドーバー海峡の断崖絶壁から突き抜けるシーンのイメージ。
 Kentは州の名前、Arrowは弓矢。




【関連性が非常に薄い】

●Thank you, my twilight / ライフ・イズ・ビューティフル
 1997年のイタリア映画。WW2のユダヤ人迫害について描いた作品。
 イマイチ歌詞と内容との連想はしにくい。あまり関係がないのではと思う。

●その未来は今 / 未来は今
 1994年にアメリカで製作されたコメディ映画。良い映画だと思います。
 おそらく関係ないと思われるが、ネット上では一応関連があるとしている人がいるものの、せいぜいタイトルを捩りました程度だと思う。

○トーキョーバンビ / バンビ
 アメリカで製作された、ウォルト・ディズニー・カンパニーによるアニメーション映画。1942年公開。
 本当に関係があるかは不明だが、ネット上では一応関連があるとしている情報がある。



【映画とは関係はないが、元ネタがあるもの】

●Monster C.C / モハメド・アリ
 モハメド・アリを題材に作られた曲とのこと。

●Sent of sweet / 優香
 優香と出会ったときのことについて書かれたものという噂あり。

●Juliet / ジュリエット・ルイス
 ハリウッド女優のジュリエット・ルイスから取った

●Walking on the spiral / 鬱病の友達
 うつ病の友達に向けて作った曲らしい

●彼女は今日 / 雑誌のモデル
 雑誌の撮影で一緒になったモデルに一目惚れした時の話らしい

●Please Mr. Lostman / Plese Mr. Postman
 アメリカのマーヴェレッツ(The Marvelettes)による1961年の楽曲をモジったもの。

●Kim Deal / ピクシーズのベース Kim Deal
 アメリカのロックバンド、ピクシーズの女性ベーシストの名前。
 男の名前だと思ってました。

●Back Seat Dog / Here Comes Your Man - Pixies
 Pixiesの曲、「Here Comes Your Man」に影響されている。Back Seat Dogのラストでは、歌詞にはないが消えゆく音の中でさわおが「Here Comes Your Man」と歌っている。

●private kingdom / ドラえもん「どくさいスイッチ」
 コミックス15巻に収録された話。
 「どくさい」は"独裁"の意。

●cherry / Mr. Childrenの桜井和寿
 
シングル「ONE LIFE」のC/Wである「cherry」は、山中が当時活動休止中の桜井に向けて書いた曲であり
、翌年活動を再開したMr.Childrenのシングル「終わりなき旅」のC/W「Prism」は桜井が山中を意識して書いたものである。
Mr.Childrenとはデビュー時から親交があり、2006年に「new big bang tour」で一緒にツアーを回り、お互いの楽曲をそれぞれ1曲カバーして演奏している。(ミスチルは『ストレンジ・カメレオン』を、the pillowsは『つよがり』を演奏)
ミスチルの楽曲『Prism』は桜井和寿が山中さわおをイメージして作った曲であり、仮タイトルが「さわお」であったことが明かされた。



テーマ : 邦楽 ジャンル : 音楽

18:47  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■Re: タイトルなし

映画のタイトルは調べたものの、古くてマイナーなものもあってなかなか見つからないんですよね。
いつかは全部見たいのですが。。。

FLCLリメイク来るんですか!
これは良いことを聞きました。楽しみですね。
Gasser |  2016.09.01(木) 23:19 |  URL |  【コメント編集】

アニメ「FLCL」に使われている曲の全てがこのアーティストでしたので否が応にも愛着が湧き、FLCLのアルバムを購入しました。それで色々と調べていたらこの記事に辿り着いたというわけですが、映画の知識等素晴らしいですね!ビックリしました。これを機にこれらの映画を見ていこうかなと思います。
また今度新たにFLCLが制作され、その楽曲もまたピロウズが担当するようなので楽しみです。
調和 |  2016.08.23(火) 08:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gasser.blog114.fc2.com/tb.php/593-aaf69111

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |