2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.20 (Fri)

【ロッキー・サリバン】 映画:汚れた顔の天使 【サリバンになりたい】

the pillows の曲「サリバンになりたい」を最近初めて聴き、「サリバン」ってなんだ?と思って行き当ったのがこの映画です。
白黒で製作は戦前という古い映画ですが、今でも残っているほどの名作で、実際見たところかなり良い映画でした。
好きな映画は?と聞かれたらこの映画と答えたいです。マジで。


余談ですが、ホームアローンでこの映画のパロディが使われています。
テレビの中でギャングが銃を撃ちまくり、ケヴィンがそれに合わせて演技をするシーンがありました。
ホームアローン1で流れていたあの映画のタイトルは「Angels with Filthy Souls」で、この映画の英題「Angels with Dirty Faces」を意識して少し単語を変えたものです。
ちなみに、ホームアローン2の英題は「Angels with Even Filthier Souls」で、ホームアローン1で流れていた映画の続編という位置づけらしいです。


映画に関するレビュー・感想は「read more...」から。
ネタバレ含みますのでご注意を。
書いた後改めて眺めましたが、結構長くなってしまいました。
赤い部分だけ読めば主張の結論はわかると思うので、そこだけでもご覧ください。
本当は the pillows の「サリバンになりたい」の歌詞についても考えたかったんですが、思ったより長くなったのでここで終了です。



ニコニコ動画にアップロードされていたので、アカウントがある方は是非一度ご覧あれ。

【ニコニコ動画】汚れた顔の天使 1/2



【ニコニコ動画】汚れた顔の天使 2/2




【More・・・】



・映画全体の感想
非常に良い映画だと思います。
ギャングものに位置づけられる映画ですが、そこまでギャングっぽい感じはなく、全体的に明るい印象。
まぁそもそもギャングものの映画をあまり見ないのでよくわかりませんが。
そして何より、そのまま悪い道を突き進み、ギャングとなった主人公:ロッキー・サリバンと、小さいころは一緒に悪いこともし、大人になって牧師となった親友:ジェリー・コノリーとの友情の描き方が良いです。
相反する立場の2人が事件を交えつつもお互いを気遣いあう点が良く描かれていると思います。
私はこういう友情ものに弱い気がしますね、スタンドバイミーとか少年時代とかも好きですし。
また、この2人の役者は癖のあるというか、味のある顔をしていますね。
演技や表情に見入ってしまいます。
まぁ、私は演技というものはさして気にしないタイプで、ストーリーの方を重視するのでそっちを推したいです。




・ロッキーは死を直前に恐怖したのか
さて、この映画の物議を醸すところは、終盤の2人の面会から電気椅子で処刑が行われるところまでのシーンで、ロッキーは本当に死に怯えたのかどうかという点でしょう。
まず、状況を整理したいと思います。

ロッキー:小さいころから悪に手を染め、怖いものはないと自負。しかし、古くからの親友ジェリーを想う一面もある。
ジェリー:小さいころはロッキーと共に泥棒などの悪事をするも、大人になった際には牧師となり、子供たちの将来を想う。ロッキーに対しては、命を賭す覚悟もあるとローリー・ファーガソン(小さい頃はロッキーとケンカしたりした女性)に答えている。

まず考えたいのは、ロッキーとジェリーは、お互いに相手のためなら多くの犠牲を厭わないと考えられるところかと思います。
親友のジェリーを殺そうと計画する2人を始末するロッキーしかり、逆に親友ロッキーを更正させようと自らの危険をかえりみず活動を起こすジェリーしかり。
また、小さい頃にロッキーとジェリーが万年筆の泥棒に失敗してロッキーだけ捕まった際、ジェリーが「共犯がいたほうが罪が軽くなるし、自分も自首しようか」と申し出た時に、ロッキーは「俺のヘマだし、俺が逆の立場ならそんなことしない」とジェリーを引き留めるシーンもあったりと、この相手を捨て身で助けるという点から、本当に相手のためを思っての行動をしている関係だと思います。

ここで、ロッキーの性格を考えます。
色々悪事を働くロッキーですが、親友のことを想っての行動や、ジェリー牧師が気に掛ける子供たちに対しては、なんだかんだ悪の道へ踏み込まぬよう配慮している点を考えると、性根は良いところがあると思います。
そして、ここは意見が割れるところかと思いますが、個人的には、いくらいろいろな事を犯してきたロッキーとはいえ、死に対する恐怖は全くないことはないと思います。
こんなにも大切に思っている親友とももう会えなくなるわけですし。

そう考えると、ジェリーが死刑前に「わざと死に恐怖する演技をしてほしい」と言ったのはなぜかと考えたいと思います。
確かに、子供たちのロッキーに対する英雄視を憂ぎ、子供たちの将来を考えてそのようにお願いしたという面もあるとは思います。
しかし、このジェリーのロッキーに対するお願いの本心は、ロッキーが死を恐怖した際、気兼ねなく恐怖を表に出せるようにするという点にあるのではないかと思います。
上記の点から、このようにジェリーを想うロッキーであれば、死というものを恐怖する可能性もあるのではないのかとジェリーは思ったのではないでしょうか。

もしロッキーが電気椅子を目の前にして、まったく恐怖を感じなかったとしたら、それは「ギャングとしてのロッキー」が有終の美を飾れたということになります。
しかし、逆にギャングであるロッキーが電気椅子を前に怯えると、ロッキーのプライド・立場・名声はひどく傷つきます。

ここでジェリーのお願いの性質を考えると、「ロッキーがもし怯えたとしても、子供たちのため、ジェリーのお願いを聞くためという隠れた大義名分があるため、心のよりどころとなる」という面があります。
このお願いがあるおかげで、怯えず処刑される英雄ギャングのロッキーと、怯えてしまってギャングロッキーとしては格好悪い、しかし、裏には親友との約束、子供たちの将来のために怯えたという義理堅いロッキーでいられるという、どちらの結果になっても良い面が保たれるものとなります。

そのため、私としては、「ロッキーは死に直面して怯えた」と考えており、また、その「ロッキーが死に直面して怯えたかどうか」という点よりも、もっと注目すべきは、何を想ってジェリーがロッキーにこのお願いをしたかという点だと考えています。

このジェリーのお願いの性質を考えると、この2人における友情の深さが物凄く伝わってくると思うのです。
ネット上でのこの映画に対するレビューでは、怯えたかどうかに焦点がいっているものが多く見受けられますが、ジェリーのロッキーに対する思いやりにこそ注目して欲しいと思います。

テーマ : 映画レビュー ジャンル : 映画

23:51  |  映画・漫画・アニメ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■サリバンになりたい

サリバン役を演じた役者は「見た人がどんな解釈でも出来るように演じた」と言ってましたね。仰るとおりサリバンだけに目がいきがちですが、牧師側の考えを考察するのも斬新で面白いです。
サリバンになりたい |  2014.04.07(月) 09:29 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gasser.blog114.fc2.com/tb.php/521-92be6d7b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。