2017年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2007.07.28 (Sat)

環境整備その2

前回の続き。


・zsh
オリジナルの状態のbashだと、サスペンドした時におかしくなることがあるらしい。そこでzshというのをインストール。

この本の著者のサイトWalrus,Visitから、

・zsh
・libncurses5

をダウンロード。
ipkgなので、普通にインストール。
その後、起動するシェルを変更するため、

/home/QtPalmtop/qpe.sh

を書き換える。何かあるとまずいので、

$cp -p qpe.sh qpe.sh.bk

としてバックアップを用意。
ちなみに、「-p」をつけるとパーミッションとか作成日時などもコピーされる。
で、中身を書き換える。次の行を

export SHELL=/bin/bash
   ↓
export SHELL=/home/QtPalmtop/bin/zsh

に書き換える。一応、export SHELL=/bin/bash は消さずに、先頭に「#」を付けてコメント化しておいた。

$sudo reboot

で再起動。
動いたっぽいです ヾ(´ー` )ノ



・KeyHelperApplet
タスクセレクタ兼キーマッピングソフトです。
今回変えようと思うキーマップは、

・「{」と「}」を「Shift + o」と「Shift + p」で打てるようにする
・「Fn + Menuキー」でタスク切り替え
・「Fn + Homeキー」でタスクセレクタ起動
・「カナひらキー」⇒「Alt」

といった感じ。
「カナひら」は使った記憶無い。てか、「全/半」と間違えて打った記憶しかない・・・ (´・ω・`)

では、KeyHelperAppetをダウンロード。
LinuZau ToolBoxというサイトのこのページからダウンロード。
このとき、

・keyhelper.conf
・keyhepler.xml

の二つの設定ファイルもダウンロードしておく。
本体は普通にインストールし、上の二つのファイルは

/home/zaurus/Settings/

に入れる。
このままの設定ファイルだと、「カナひら」は「Ctrl」となっている(古いZaurusにはCtrlが無いのかな?)ので、4行目あたりにある次の行を

<define key="F26" type="Control">
  ↓
<define key="F26" type="Alt">

と変更する。変更したら、

$khctl reload

と打って、ソフトを再起動する。
ちゃんと動きました ヽ(´▽`)ノ



しっかし、今日は暑いな~ (-Д-)

テーマ : 雑記 ジャンル : ブログ

16:47  |  Zaurus  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gasser.blog114.fc2.com/tb.php/5-56080520

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |