2017年03月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2011.01.01 (Sat)

HDDやUSBメモリからOSをインストール

OS をインストールしたい PC はある!
OS のイメージ(iso,img,etc...)もある!
でもDVDドライブなどの光学ドライブがない!
DVD や CD などの OS を焼くためのメディアもない!
USB メモリもない!
USB の外付け HDD で何とかならないか!?

そんな状況になったので、OS イメージを外付け HDD によってインストールする方法。
この方法は、前処理を変えれば USB メモリでもインストールできるし、おそらく、そのまま内臓HDDを使用してもできるはず。

参考サイトはコチラ
このサイトでは、WindowsVista or Windows7 を使って USB メモリから OS をインストールする方法が書いてある。
USBメモリがあれば、このサイトを参考にインストールできるはず。
だが、個人的には外付け HDD の方がフォーマットがラクな分、早いと思うのでオススメ。
このサイトを参考に、HDD からインストールを行ってみた。




【用意するもの】
・普段使っている PC(インストールする OS のイメージを HDD にコピーする際に使う)
・インストールする OS のイメージ(.iso や .img など)
・インストールする PC(とりあえず CPU, メモリ, HDD, マザーボード は必要なはず。)
・外付け HDD( OS のイメージを書き込み、 BIOS から読み込ませるときに使う)

   ※ BIOS が USB からの起動に対応していることが必要




【More・・・】

1.フォーマット

・外付け HDD を使用する場合のフォーマット
まずは、外付け HDD をフォーマットする。
今回は、普通に外付け HDD をまるまるフォーマットしてみた。

    1.[スタートメニュー] ⇒ [コンピュータ]を左クリック
    2.フォーマットしたいハードディスクの上で右クリック
    3.出てきたコンテキストメニューから「フォーマット」を選択
    4.マウントのタイプは「NTFS」にし、「クイックフォーマット」にチェックを入れる
    5.フォーマット実行

    ※外付け HDD のデータは消え去るので注意!

これで、データが何も書かれていない外付け HDD が生まれたはず。


・パーティションを分割してのフォーマット
上では外付け HDD をまるまるフォーマットした。
しかし、データをすべて消さなくとも、OS イメージだけを別パーティションとし、そのパーティションだけフォーマットすれば、既存のデータは消さなくて済むかもしれない。
ただし、私は複数パーティションがある場合はどう実行されるのか知らないので、うまくいかないかもしれない。
パーティションの位置が関係するかもしれないし、そもそも無理かもしれない。

とにかく、よくわからない人は、私が今回行ったように上の方法でフォーマットすれば大丈夫。


・内臓 HDD を使用する場合のフォーマット
内臓 HDD を使用する場合は、おそらく何番目の HDD に OS イメージを入れるかが重要になるはずである。
そのため、OS イメージを書き込む HDD が最初に読み込まれるよう、HDD を接続する必要があると思う。


・USB メモリを使用する場合のフォーマット
もし USB メモリで OS インストールをやる場合は、このようにしてフォーマットをすると不都合があるようだ。
そのため、diskpart コマンドというものを使って、以下の用に USB メモリをフォーマットする。
このコマンドの使い方は、参考サイトに詳しく載っている。

まずはコマンドプロンプトで次のコマンドを実行

    > diskpart

すると、「DISKPART」となるので以下のようにしてフォーマットを行う。

    DISKPART> list disk
    DISKPART> select disk X
    DISKPART> clean
    DISKPART> create partition primary
    DISKPART> select partition X
    DISKPART> active
    DISKPART> format fs=fat32
    DISKPART> assign
    DISKPART> exit

"X"と記載した部分では、一番最初の「list disk」で表示されたリストの中で、フォーマットしたいものの番号を選択する。
これを実行すれば、USB メモリのフォーマットができるはず。



2.OS イメージの書き込み
以下のような手順で行えば問題ないはずである。

    1.デーモンツールなどで OS のイメージファイルをマウントする。
     あるいは、通常の CD や DVD に記録された OS を光学ドライブに入れるだけでも問題ない。

    2.コマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行する。
        
        C:\> xcopy OS_IMAGE:\*.* /s/e/f HDD:\
        C:\> cd /D OS_IMAGE:\boot
        OS_IMAGE:\boot> bootsect /nt60 HDD:
        
     ここで、"OS_IMAGE" は OS のインストールイメージをマウントしたドライブ名(たとえば, D, E, F など)である。
     また、"HDD" は BIOS から読み込ませる 外付け HDD や USB メモリなどのドライブ名である。

これを行えば、後はインストールしたい PC につなげて、起動時に読み込ませればインストールが開始されるはずである。
ちゃんと BIOS の起動順位を正しく設定しておくことをお忘れなく。

テーマ : パソコンな日々 ジャンル : コンピュータ

01:32  |  パソコン関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gasser.blog114.fc2.com/tb.php/467-8eb14269

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |