2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.02 (Sun)

蟲師

蟲師見ました。
(´・ω・`)ガッカリデス


まぁ具体的な感想を言う前に内容説明を。
蟲師の原作は、1話完結式で進んでいくが、この実写映画ではいくつかの話を連結していて、合間に「眇の魚」という話を混ぜるという形。
いくつかの話というのは「柔らかい角」、「筆の海」、「雨が来る、虹がたつ」の3つ。
それぞれの話の内容は多少、というかかなりアレンジが加えられえている。




原作・アニメ好きなんだけど、これは好きになれない。
てか、原作ちょっと変えてるし・・・
まぁ、原作を変更するのは別に問題なかった。
これはこれでありだと思ったから。
ただ、全体的に表現の仕方がないと思った。


一番ありえなかったのは、原作では「柔らかい角」というタイトルの話。
蟲である「阿」と「吽」が登場する話なわけですが、子役がひどい。
顔は化粧のせいで白く、口紅つけて、やたら前髪短くて(多分角を目立たせるため)、目つきは悪い(これはしょうがないか)。
とにかく、この子役を見たとき幽霊かと思った。
製作者は不健康さを表したかったんだと思うが、とても見れたもんじゃない。
早く大人になりたくて、親の化粧の真似をして失敗したガキみたいだった。


そして、原作では「雨が来る、虹がたつ」の話だが、虹朗の服装はない(笑
みすぼらしさ満点だし・・・
もうちょっとまともな格好させてあげて。
個人的には好きだからさ。
まぁ全体的にみすぼらしい感じなんだけどね。
それも、個人的に好きになれない。
出てくる人みんな服ボロいし。


なんか、オダギリジョーの演じるギンコは原作とは合わない気がする。
実写映画なんだから一緒にすんなと言われればそれまでなんだがね。
原作ファンとしてはどうしても重ねてしまうんですよ。

だいたい、アニメの実写化で成功した例を俺は知らない。
アニメは実写化するものじゃないと思う。
アニメでは、アニメでしか表現できないものがあると思う。
そういう部分を実写では実現できないから、受け入れられないのだと思う。
「アニメでしか表現できないものってなんだよ」なんて言われれば困るけどね。

テーマ : 邦画 ジャンル : 映画

05:32  |  映画・漫画・アニメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gasser.blog114.fc2.com/tb.php/46-37a9bf3f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。