2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.04.07 (Wed)

[エラーコード:1102]サイボウズでのメールアカウント登録エラー

私の研究室では、サイボウズというソフトを Debian に入れて動作させている。
サイボウズとは、スケジュール管理や掲示板、メーラ、ファイル管理など、さまざまな機能を持つ総合グループウェアである。


問題:
サイボウズのメールアカウント登録において、「エラーコード:1102」が発生した。

新学期が始まり、新たに入学・配属されてきた生徒をサイボウズに登録する必要性が生じた。
そのため、サーバ上にユーザのアカウントを作成し、サイボウズでユーザを登録した後、そのユーザにメールのアカウントを設定してもらった。
だが、どうもうまくメールアカウントの登録が上手く出来なかった。
正しく項目を入力しても、
   「エラーコード1102:POPサーバに接続できませんでした。」
というエラーが出てしまう。


原因:
メールの情報を保存しておくディレクトリが存在していないことが原因であった。

通常、メールサーバでのメールデータの取り扱いには2種類あり、Mailbox と Maildir が存在する。
Mailbox では、複数のメールを一つのファイルで管理し、Maildir では、一つのメールはディレクトリ内の一つのファイルによって管理する。

研究室のサーバでは、メールサーバはMaildirの形式をとっており、/home/username/Maildir というディレクトリが存在しなければならなかった。
だが、それが存在しないため、エラーとなっていた模様である。


解決策:
このエラーを回避するには、そのユーザのホームディレクトリに「Maildir」というディレクトリを作成すればよい。
このMaildir方式用のコマンドが、「maildirmake」である。
引数に作成したいMaildirのパスを設定する。
ディレクトリの所有権がそのユーザのものになっているか確認。
なっていなければ、chown や chgrp コマンドを使用して、そのユーザに設定しておかなければならない。


今後のために:
今回の問題は、ユーザを作成した際に Maildir を作らなかったことに問題があった。
だが、いちいちユーザを作成するたびに Maildir も作成するのは少し面倒である。
そこで、スケルトン(ファイル)と呼ばれる機能を利用する。

スケルトン
   useradd コマンドでユーザアカウントを作成すると、そのユーザのホームディレクトリも同時に作成される。
   その際、/etc/skel ディレクトリ内にあるファイルが、そのホームディレクトリにコピーされる。

よって、この /etc/skel 内に Maildir を作成しておけば良いことになる。


テーマ : パソコンな日々 ジャンル : コンピュータ

04:38  |  サーバ運用  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gasser.blog114.fc2.com/tb.php/414-4c8119f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |