2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.14 (Sun)

Debianサーバ管理メモ

・エラーのときは /var/log/syslog に色々書いてある。

・設定ファイルのチェックコマンド
   ex) # named-checkconf
     # apache2ctl configtest

 named-checkconf はDNSサーバの設定ファイルが正しいかどうかを検証する。
 正しければ0、おかしければ1が返る。
 確認方法は
     $ echo $?

・/etc/init.d/ 内のコマンドを使うときは invoke-rc.d を使うようにする。
   ex) # invoke-rc.d bind9 reload
 何でかはよくわからない。

・/etc/init.d/ 下にある、システム起動時に自動的に起動するアプリケーションの停止方法。
 デーモンのアプリケーションは /etc/init.d に起動スクリプトが作成される。
 そして、システム起動時には /etc/rc?.d の中にシンボリックリンクが作成され、それがシステム起動時に呼ばれるようだ。
 そのため、/etc/rc?.d のシンボリックリンクを削除すれば自動起動されなくなる。
 それ用のコマンドが update-rc.d である。

    # update-rc.d [削除したいアプリケーション名] remove

-n : 動作を表示するだけで、実際には削除しない
 -f : /etc/init.d/以下に指定したアプリが存在しても、/etc/rc?.d/以下のシンボリックリンクを強制的に削除

・MailServer Postfix の文法チェック時について
    >http://sakaguch.com/pastbbs/0019/B0010556.html

・ssh で直接 root でアクセスできてしまうのは怖いので、/etc/ssh/sshd_config を編集し、
     PermitRootLogin=no
 とする。
 yes に設定すれば ssh を使って、root でログインできる。

・apcupsdのインストール
 apt-get install apcupsd apcupsd-cgi apcupsd-doc

・apcupsd による、UPSと連携した複数PCの自動シャットダウン
 UPSの残量が減ってきたら、自動でシャットダウンしたい。
 一つのUPSに複数のPCをつないでいる場合、ネットワークを介してシャットダウンをリンクさせることが可能。
 直接UPSと通信するサーバPC、サーバPCから連絡を受けるクライアントPCに分けることで実現する。

 UPSと直接通信するサーバ側PCには、/etc/apcupsd/apcupsd.conf を通常通り設定。
 ただし、以下の行は変更。
    NETSERVER on
    NISIP 0.0.0.0 # 連携させたいPCのIPアドレス

 クライアント側PCには、/etc/apcupsd/apcupsd.conf に
    UPSCABLE ether       # ネットワークから情報を受け取る
    UPSTYPE net        # ネットワークから情報を受け取る
    DEVICE 192.168.1.100:3551 # サーバ側PCのIPアドレス
    POLLTIME 10 # PCがUPS(サーバ側PC)の状態をチェックする時間の間隔(second)
    BATTERYLEVEL 30 # サーバ側と同じ設定
    MINUTES 10    # サーバ側と同じ設定

 と設定。
 これで同期したシャットダウンができるはず。
 だが、クライアント側で apcupsd を start させようとすると、


    Starting UPS power management: apcupsd.

    Broadcast Message from root@hostname
    (somewhere) at 13:42 ...

    Warning communications lost with UPS hostname


 という警告が出る。
 調べてみると動作はするようなので、ddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddとりあえず放置。


 参考URL:http://naname.jp/index.php?Apcupsd
        Apcupsd 3.14.4~3.14.7のapcupsd.confの日本語訳
       fc9 install 覚え書(続24)
       fc9 install 覚え書(まとめ:その3)

・メールのエイリアス設定
 /etc/aliases に設定ファイルがある。
    alias_name: name1,name2,name3
 というような書式だが、name3の後にコメントを入れたつもりで「#コメント文」としたところ、「#なんてありません」というようなエラーメールが返ってくるようになった。
 どうやら、エイリアスの途中でコメントにはできないぽい。

・postgresの設定ファイル
 設定変更したらpostgresqlサーバを再起動忘れずに。
   /etc/postgresql/8.3/main/postgresql.conf : postgresqlサーバの設定情報
   /etc/postgresql/8.3/main/pg_hda.conf   : ユーザの認証設定
   /etc/postgresql/8.3/main/pg_ident.conf  : ユーザ名のマッピング設定
 

テーマ : プログラミング ジャンル : コンピュータ

00:54  |  パソコン関連  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gasser.blog114.fc2.com/tb.php/409-6a94f20b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。