2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.24 (Sun)

VisualStudio2008 C# 「パッケージ」の仕方

訳あって最近VisualC#を勉強せねばならないことになった。
で、今読んでるのが「10日でおぼえるVisualC#.NET」という本。
正直内容は薄いけど、C#の環境に慣れたり空気を掴むのにはちょうどいいかもしれない。

で、一通り読み終わりました。
この本では最後の方でもぐら叩きゲームを作成する。
そして付録に「作成したソフトを配布する手順」みたいなのが載ってたので、その手順を適当にまとめてみる。
これをやれば、簡単にインストールプログラムを作成できる。
作成手順は大きく2種類あって、「リリース」と「パッケージ」がある。




[ リリース ]
1.上の方に実行ボタンがあり、その脇には「Debug」となっているので、「Release」に変更する。
VS_C#_パッケージ0

2.次に、[ビルド]→[リビルド]を実行する。その結果、「Release」というフォルダが新しく作られる。
3.「Release」フォルダに、実行に必要な画像ファイルなどを入れる。


[ パッケージ ]
1.
「セットアッププロジェクト」という新規プロジェクトを、配布したいソリューションに作成する。
[ファイル]→[新規作成]→[プロジェクト]⇒[その他のプロジェクトの種類]→[セットアップと配置]→[セットアッププロジェクト]を選択。
その際、「ソリューションに追加」を選ぶこと。

2.「表示」→「エディタ」→「ファイルシステム」を選択し、「ファイルシステム」というタブができる。
3.その中の[アプリケーションフォルダ]を右クリックし、[追加]→[ファイル]を選択。
4.「Release」フォルダ内にある、実行ファイルと画像などのメディアファイルを指定して追加。
5.
次に、ソリューションエクスプローラから新規作成した、セットアッププロジェクトのプロパティを設定する。
ちなみに、「Manufacturer」を設定しないとビルドできない。

6.再び「Release」を選択し、「(新規作成したセットアッププロジェクト名)でビルド」という項目からビルド。
すると、「Release」フォルダができて、以下のような種類のファイルが作成される。

・「setup.exe」:コレを実行すれば、インストール開始
・「.msi」:実行ファイルやイメージファイルが詰まっている

7.作成されたファイル(フォルダ)を配布。




まぁ、コレだけ。
結構簡単だね。
試しにモグラたたきをインストールしてみた。
どうやら、デスクトップとかスタートのプログラムメニューには、ショートカットがインストールされないみたい。
実行するには、直接インストールしたファイルにアクセスしないとダメ。
ショートカットの設定も、ありそうだから今度調べてみようかな・・・。


テーマ : プログラミング ジャンル : コンピュータ

15:47  |  プログラミング系  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gasser.blog114.fc2.com/tb.php/324-5b8051a5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。