2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.28 (Sun)

それでも僕はやっていない

今日は映画を2本見ました。
見たのは「日本沈没」と「それでもボクはやっていない」。
もしかしたらもう1本くらい見るかも。


「日本沈没」はまぁどうってこと無い普通の破滅ものだった気がする。
しばらくしたら内容忘れてそうな感じ。

とりあえず、偉そうな学者さんが気に入らなかった。
日本が後どのくらいで沈没するかの結果が出て、錯乱してディスプレイを殴るとは何事よ?(笑
理系ならパソコンにあたるな!
しゃべり方も気に食わんかったし。

てか恋愛的なものは混ぜなくてもいい気がするんだけどね。
まぁしょうがないのかな。



「それでもボクはやっていない」はいろいろ考えさせられますな。
内容は、フリーター(26歳)の主人公が痴漢の犯人に間違われるという、冤罪をテーマにしたもの。

痴漢って厄介だな~。
その気も無いのに、鞄とかが当たっているだけで勘違いされてしまう。
女性からしてみれば確かに痴漢されている気分なんだろうけどねぇ。
実際に痴漢する奴がいるから問題なんだよな。
そういうのがいるせいで、冤罪になる人が生まれる。
あと、自意識過剰な女のせいってのもあるかもな。


てか、恐怖だ。
もし痴漢容疑かけられたらどうしましょ。

   1.金を払い、自分の経歴に傷が付くが、時間を得られる
   2.時間を払い、自分の経歴を守り、名誉を守る賭けに出る

個人的には戦いたいなぁ。
やっぱ無実は証明したいもの。
でも、裁判やっても本当に無罪になるかってのが問題だ。
特に、痴漢なんて被害者有利だものね。
ある事を証明するより、無いことを証明するほうが難しいというのに。
原告絶対不利だよな。
痴漢事件の99パーセントが有罪ってマジ終わってるし。
冤罪の人、絶対多いよ。




この映が見てて思ったけど、警察って本当に取り調べのとき怒鳴るのかな?
たいていの映画やドラマでは怒鳴りまくって、罪を認めさせようとしてるような。
あと、優しくさとす様にして罪を認めさせようとする奴も出てくるな。



警察とか検察って、職務怠慢なイメージが強い。
この映画でさらに拍車かかりました。

そういえば、「HERO」ってドラマのおかげで検察はかなりイメージアップしただろうな。
でも、本当にあんな検事がいたら大変だし。
まぁ、所詮はドラマか。



なんか、書いてた事を軽く読み返してみたが、めちゃくちゃだな (;´Д`)
普段文章書かないからしょうがないか。






テーマ : 邦画 ジャンル : 映画

19:58  |  映画・漫画・アニメ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gasser.blog114.fc2.com/tb.php/107-9e92e6ad

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。