FC2ブログ
2007年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2007.08.02 (Thu)

暇つぶし

FC2のブログには、FC2でブログをやってる人が訪問したとき、ログが残る。
これによって、他のブログとの関連を強くしようという仕組みなんだろう。なかなか良くできている。
で、そんな中でとろけるマンゴープリンというブログで面白いサイトが紹介されていた。

成分分析というサイト。
このサイトでは意味のわからない分析をやってくれる。
そういえば、なんか携帯にも似たようなのあった気がする。


自分の名前でいろいろ分析してみた。

1.脳内の分析(ローマ字で入力)
脳内分析
当たってます (;´∀`)


2.脳内ソフィア(氏名を漢字で入力)
脳内ソフィア(漢字)
いや、意味わかんないし (゚Д゚ )?
あ、もしかして音楽グループのSOPHIAのファンのための分析か?



3.猫分析(氏名を漢字入力)
猫で表すと・・・
猫かわいいのぅ (^ω^ヾ)


4.寿命分析

診断書
--------------------------------------------------------------------------------
xx xxさんは生まれて19年と150日経過しています。
--------------------------------------------------------------------------------
xx xxさんの死亡推定日は、2033年11月27日 です(残り26年)
--------------------------------------------------------------------------------
45歳でその生涯を閉じます


なんか短いし・・・ (´・ω・`)

テーマ : 雑記 ジャンル : ブログ

23:46  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.02 (Thu)

初めてのgtkmm

gtkmmとは、C++用のGTKライブラリ。GTKライブラリを使えばウィンドウを扱えるので、卒研とかゲームとかやるときによさげなので、gtkmmを使ってみることにした。基本的に、GTKライブラリはLINUX用。

いつも、プログラミング(C,C++)はVMWarePlayerのVineLINUXでやっていた。
だが、
・VMの入っているデスクトップPCの調子が悪い
・VMからはネットがつながらないのでgtkmmがインストールできない
という問題があったため、昔ノートPCにデュアルブートでVineLINUXを入れたので、それでプログラミングすることにした。

で、ネットワークの設定をしたあと、全部をアップデートし、gtkmmをインストールした。

ネット上の簡単なプログラムを見付けたので、これをうってコンパイルしてみる。
simple.ccというファイルに、次のプログラムを入力。

// simple.cc
#include
#include

int main(int argc, char *argv[])
{
Gtk::Main kit(argc, argv);
Gtk::Window window;
Gtk::Main::run(window);

return 0;
}


そして、コンパイル

$g++ simple.cc -o simple `pkg-config gtkmm-2.4 --cflags --libs`

Package glibmm-2.4 was not found in the pkg-config search path.
Perhaps you should add the directory containing `glibmm-2.4.pc'
to the PKG_CONFIG_PATH environment variable
Package 'glibmm-2.4', required by 'gtkmm', not found
simple.cc:2:79: gtkmm.h: そのようなファイルやディレクトリはありません
simple.cc: function 内の `int main(int, char**)':
simple.cc:7: error: `Gtk' undeclared (first use this function)
simple.cc:7: error: (Each undeclared identifier is reported only once for each
function it appears in.)
simple.cc:7: error: 文法エラー before `::' token


なぜかヘッダファイルが見つかりませんでした。orz

ちゃんと/usr/include/gtkmm-2.4/の下にはgtkmmのディレクトリがあるのに・・・ (´ω`)
英文読むと、glibmmが無いと言っている気がする・・・
ということで、apt-getしてみた

$apt-get -s install glibmm
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
* glibmm は既に最新バージョンがインストールされています。
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 0 個, 削除: 0 個, 保留: 1 個


もうわけわからん OTL

テーマ : プログラミング ジャンル : コンピュータ

15:00  |  LINUX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.02 (Thu)

VineLINUXでインターネットにつないでみた

VineLINUXでのネットワークの設定(ADSL)。フレッツADSLのサイトに、説明が載ってたので実践。
ADSLでネットに繋ぐためには、PPPoEという方式で接続する必要があるらしい。
そこで、ターミナルでADSLの設定ソフト(?)を起動。(ルート権限でよろしく)

$/usr/sbin/adsl-setup

とコマンドを入力。すると

Welcome to the Roaring Penguin ADSL client setup. First, I will run
some checks on your system to make sure the PPPoE client is installed
properly...

Looks good! Now, please enter some information:

USER NAME

>>> Enter your PPPoE user name (default xxxxxxx@xxxx.xx):


みたいに表示されるはず。
この赤いトコで、プロバイダから与えられたIDやらユーザ名やらを入力する。
すると、次のように表示される。

INTERFACE

>>> Enter the Ethernet interface connected to the ADSL modem
For Solaris, this is likely to be something like /dev/hme0.
For Linux, it will be ethn, where 'n' is a number.
(default eth0):

ここで「eth0」と入力した。まぁ、入力せずにENTERキーを押しても良いはず。次に


Do you want the link to come up on demand, or stay up continuously?
If you want it to come up on demand, enter the idle time in seconds
after which the link should be dropped. If you want the link to
stay up permanently, enter 'no' (two letters, lower-case.)
NOTE: Demand-activated links do not interact well with dynamic IP
addresses. You may have some problems with demand-activated links.
>>> Enter the demand value (default no):

となったので、「no」と入力。

DNS

Please enter the IP address of your ISP's primary DNS server.
If your ISP claims that 'the server will provide DNS addresses',
enter 'server' (all lower-case) here.
If you just press enter, I will assume you know what you are
doing and not modify your DNS setup.
>>> Enter the DNS information here:


プロバイダから特に指定されていないので、「server」と入力。指定された人は「xx.xxx.x.xx」みたいな感じのを入力。

PASSWORD

>>> Please enter your PPPoE password:
>>> Please re-enter your PPPoE password:


パスワードを聞かれるので、プロバイダからもらったパスワードを二回入力。


FIREWALLING

Please choose the firewall rules to use. Note that these rules are
very basic. You are strongly encouraged to use a more sophisticated
firewall setup; however, these will provide basic security. If you
are running any servers on your machine, you must choose 'NONE' and
set up firewalling yourself. Otherwise, the firewall rules will deny
access to all standard servers like Web, e-mail, ftp, etc. If you
are using SSH, the rules will block outgoing SSH connections which
allocate a privileged source port.

The firewall choices are:
0 - NONE: This script will not set any firewall rules. You are responsible
for ensuring the security of your machine. You are STRONGLY
recommended to use some kind of firewall rules.
1 - STANDALONE: Appropriate for a basic stand-alone web-surfing workstation
2 - MASQUERADE: Appropriate for a machine acting as an Internet gateway
for a LAN
>>> Choose a type of firewall (0-2):

ファイヤーウォールの設定。何がどんな意味だったか覚えていない。普通の人は0で良かったはず。ここでは「0」を入力した。


** Summary of what you entered **

Ethernet Interface: eth0
User name: xxxxxxx@xxxxx.xxxx
Activate-on-demand: xx
DNS: xxxxxxxxxxxxxxx
Firewalling: xxxxxx

>>> Accept these settings and adjust configuration files (y/n)?

いままで入力した内容で良いか聞いてくるので、「y」を入力。これで終了。


終ったら、

$/usr/sbin/adsl-start

と入力。

「....Connect」

と表示されれば接続成功。

$ifconfig

$/usr/sbin/adsl-status

とうてば、いろいろ表示される。
接続を止めるときは

$/usr/sbin/adsl-stop

と入力。で、いちいち

$/usr/sbin/adsl-start

と入力するのは面倒だと思い、emacs(テキストエディタ)で

$emacs ~/.bashrc

~/.bashrcのファイルを書き換え、

alias adsl-start='/usr/sbin/adsl-start'
alias adsl-stop='/usr/sbin/adsl-stop'

を追加。
これで、ターミナルを起動し直せば、

$adsl-start
$adsl-stop

と直接うてるようになった。
あと、ifconfigはパスが通ってなかった。
/sbinの下にあったと思う。

テーマ : Linux ジャンル : コンピュータ

14:26  |  LINUX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |