2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.28 (Fri)

続・メタセコイアを使ってみた

前回、メタセコイアを使って猪とティーカップを作った。
しかし、実は猪はまだ完成してなかった。
体に模様が入っていなかったのだ。
というのも、あの猪を作った時はMetasequoiaLEというフリー版を使ったため、UV機能が使えず、モデルに絵を貼り付けられなかったのである。

だが、ちょっと調べていたら、シェア版を使えばよいということがわかった。
シェア版といっても、利用料を払う必要はない。
利用料を払わないと機能を制限され、ファイル出力がメタセコイア専用形式でしかできない。
だが、メタセコイア形式で保存した後、LEでjpegとか好きなものに出力し直せば問題ない。
二度手間にはなるが、無料でより多くの機能を使えるというわけだ。

ただ、問題が生じた。
OSはVistaを使っていて、ソフトウェアは通常の起動と管理者権限の起動ができる。
MetasequoiaLEを管理者権限で起動すると、シェア版で作ったmqoファイルを起動することができなかった。
だが、通常起動すると開くことができる。
また、通常起動だとレンダリングしたとき、ファイルの保存先をデスクトップにしないと保存できなかった。
おそらく、通常起動だと権限のない位置のフォルダにはファイルを保存することができないのではないかと思う。
最初に保存しようと思ったのは、ProgramFilesのメタセコイアLEのアプリケーションが保存されている場所だった。


さて、作った猪はこちら。
模様がついただけです、はい。
前の張った画像はでかかったから、小さくしておきました。


otona-inoshishi

uriuri





スポンサーサイト

テーマ : 3DCG ジャンル : コンピュータ

14:39  |  XSI Mod Tool / メタセコイア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.24 (Mon)

メタセコイアを使ってみた

わけあって、XSI Mod Toolは置いといて、メタセコイアを使うことになったので練習中。
このKT爺メタセコイア指南書というところに沿って、猪とティーカップを作りました。
でもフリー版をインストールしたからちょこちょこ機能が制限されていて、いくつか書いてある通りにできなかった部分があった。
まぁ、でもそれなりのものはできました。


inoshishi


teacup





テーマ : design ジャンル : コンピュータ

15:18  |  XSI Mod Tool / メタセコイア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.29 (Wed)

ModToolの日本語化

Mod Toolの日本語化方法について、このHAHAHAの研究室というところで詳しく説明がされている。
しかし、俺はあえて日本語化はしない!
英語に慣れるためにあえてしないぞ!


テーマ : design ジャンル : コンピュータ

00:24  |  XSI Mod Tool / メタセコイア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.28 (Tue)

XSI Mod Tool 導入

昨日、XSI6でグラフィックの勉強でもしようと思って、Mod Toolをインストールしました。
回線が遅いから数時間かかった・・・orz
てか、Vistaにインストールをしようとしているせいか、インストール後起動したら変なエラーが出てきた・・・




ModToolのダウンロード
SOFTIMAGE社からModToolをダウンロードしてきてインストール。
ダウンロードするには、Name(名前)とかEmailAddress(メルアド)とか記入しないといけないようだ。
記入したら、下の「Download」ボタンを押してダウンロード開始。



インストール
インストールは、普通にダウンロードしてきたやつをダブルクリックし、規約に同意して普通にやればOK。



インストール後のエラー
インストールしてModToolを起動しようとしたら、なんかエラーが出た。

「XSI could not create a DirectX9 surface, please install DirectX 9.0b or better」

なんかよくわからんが、ググったらこのXSIのwikiが参考になるようだ。
で、どうやらDirectX9.0.dllというファイルの拡張子を適当なものに書き換えればよいらしい。

C:Softimage\XSI_6_Mod_Tool\Application\directx

のフォルダの中に

   DX9Display.dll

というファイルがあるはず。
この.dllという拡張子を適当に変えてやればよいらしい。
なので、

   「\DX9Display.dll」→「\DX9Display.dll.bk」

と変えました。
一応、これでエラー表示もなく起動できました。



パッチをインストール
どうやら、このままだとXSI6 Mod ToolのMOTORという機能を使う時に問題が生じるようだ。
なので、このSOFTIMAGE社からパッチをダウンロードしてきてインストール。
ダウンロードするのは、「Motor Patch - Windows」というやつ。




とりあえず、これでMSI6 Mod Toolの導入は終了です、はい。
お疲れ様です。




テーマ : design ジャンル : コンピュータ

17:51  |  XSI Mod Tool / メタセコイア  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。